徳島の田舎暮しタイトルロゴ 徳島の田舎暮し風景写真
生きている歓びが溢れる「田舎暮らし」

田舎暮らしの計画 不動産契約の入門
失敗しない田舎暮らし入門
不動産を購入する場合、民法上は契約するにあたって契約書等は必要ありませんが、実務上は契約書を作成しそれに取り引きの条件を記載し売主、買主が一通ずつ所持します。その意味で専門家に頼んで仲介料を払ったとしてもその意義は充分にあると思います。それは、@当事者の住所、氏名A物件の表示B代金C支払い時期D移転登記の時期E手付け等の授受の時期と目的F契約解除に関することG損害賠償の予定または違約金の額Hローンの斡旋をするかどうか、ローン不調の時の取決I天災、その他の不可抗力時の損害の負担に付いてJ瑕疵担保責任の内容K固定資産税等の負担割合以上、基本的なものを述べましたが、この他にも道路の性格、それが市道や町道なのか、排水はきちんと出来るのか、家の解体とか撤去の問題だとか修繕の費用の負担とかの事柄を細かく決めておかなければなりません。

宅地建物取引業法には、契約書に記載するべき事項が定められています。それだけに、契約に際しては慎重に臨まなければなりません。したがって、契約に際しては単に場所が気に入ったからとか景色が良いからだけで、購入した場合にも契約書の記載事項に双方が高速されますから、内容は充分に把握しておく必要があるでしょう。

。もっとも、昔には良くありましたが、当事者間で、たとえば親族間での売買や親しい隣人の間では契約書なしで口約束だけでの売買もあったようですが、今になって相続人が登記簿を確認したところ、実際の物件が登記簿記載の内容と違っていて売るに売れないと言うことはよくあるようです。また、この契約書が後日の物件移転登記の原因証書となりますし、また、あるいは購入物件を住宅ローン等の融資を利用する場合など、すべて、この不動産売買契約書を基に融資の決定や融資額の決定に際しての資料になりますから、購入手続きの中では一番大事なものになっています。

。そう言う流れの中で契約の様式も整えられてきたと言うことでしょうか。

農業での田舎暮らし
趣味と実益の田舎暮らし
定年後の田舎暮らし
週末だけの田舎暮らし
一人暮らしの田舎暮らし
田舎暮らしへの行動
不動産購入のポイント
賃貸物件で始める田舎暮し
田舎物件を格安で手に入れる
農地を買いたい方は
農業起業無料メール講座
成約済物件履歴情報
不動産情報の集め方
契約に付いて
田舎暮らしの生活費
田舎で自由を得るための仕事
田舎暮らしのための転職
田舎で不動産業を開業する
田舎でアフィリエイト
田舎の楽しみ方
野山であそぶこと
畑仕事をすること
釣りにいくこと
川遊びをすること
趣味サークルに入る
田舎暮らしの問題点
田舎での近隣関係
ランキング

徳島県県知事許可(2)2398号 徳島県徳島市大原町長尾10-37
わかさホーム TEL (IP) 050-8803-2908 携帯 090-2894-2066
お問い合わせ