徳島の田舎暮しロゴ 徳島の田舎暮し風景写真
生きている歓びが溢れる「田舎暮らし」

田舎暮らしの計画 田舎で不動産業を開業して成功する
失敗しない田舎暮らし入門

不動産業には会社員のように定年はありません。その不安感を一掃して安心の老後を充実して暮らすための仕事に、この不動産業と言うのはピッタリな仕事だと言えます。当の私がやっているのですからまず間違いのありようがありません。営業スタイルも以前のように駅前に店を開くだけでなく、情報の多様化から地方都市であれば、人一人出会わないような山間部や海辺のへき地は別にして、地方都市周辺部であればどこでも開業可能です。

宅地建物取り引き主任者の資格さえあればやり方次第ですぐ開業できるのです。今、我が国の社会福祉の予算はどんどん切り下げられ、将来、安定したゆとりある老後を送るための年金制度も条件が悪くなるばかりです。そんな中にあって、老後を快適に暮らすための経済的基盤は心もとないものがあります。それでも、まあ、都会よりは物価も安く海やは近くにあり毎日が癒しであるのは間違いではないのですが。

一般の物品販売であれば、店舗を構えてもすぐ開店できませんが、不動産業ならこの仕入れにあたる部分がありませんから、即日、営業を開始することが出来ます。それなのに、田舎に来て田舎の会社に就職してあくせく働くと言うのでは何のための田舎暮しでしょうか。そして、力仕事をする訳でもありませんので、自分が引退をする日まで働く事が出来ると言うのも魅力です。定年で悠々自適の田舎暮しなら何ら問題はありませんが、比較的に若い方でIターンやUターンを考えていて、特別の技術や経験がないからとIターンやUターンをためらっているのなら、是非、この不動産業、宅建業の開業を選択肢の一つとして宅地建物取り引き主任者試験に臨んで欲しいと思います。

宅建業であれば、もっともっと自由に自分が思い描いていた自由な生き方が出来る可能性が非常に大きいと言えるでしょう。また、開店資金に他の飲食業や物品販売のように多額の設備費や仕入れ商品が不要なのも魅力です。その反面、みんな長生きして町にはどんどん健康な高齢者が増えています。田舎暮しの目的は各人各様違うと思いますが、共通するのはやはり、都会の会社勤めのような規則や縛りのない、自由な生き方を望んでの田舎暮らしでしょう。


農業での田舎暮らし
趣味と実益の田舎暮らし
定年後の田舎暮らし
週末だけの田舎暮らし
一人暮らしの田舎暮らし
田舎暮らしへの行動
家や土地を買いたい方
賃貸物件で始める田舎暮し
田舎物件を格安で手に入れる
成約済物件履歴情報
不動産情報の集め方
契約に付いて
田舎暮らしの生活費
田舎でOKすきまビジネス
田舎での会社勤め
田舎で不動産業を始める
田舎でアフィリエイト
田舎の楽しみ方
徳島の温泉
野山であそぶこと
畑仕事をすること
釣りにいくこと
川遊びをすること
趣味サークルに入る
田舎暮らしの問題点
田舎での近隣関係
ランキング

徳島県県知事許可(2)2398号 徳島県徳島市大原町長尾10-37
わかさホーム TEL (IP) 050-8803-2908 携帯 090-2894-2066
お問い合わせ