徳島の田舎暮しロゴ 徳島の田舎暮し風景写真
生きている歓びが溢れる「田舎暮らし」

田舎暮らしの計画 不動産を手に入れるポイント
失敗しない田舎暮らし入門 田舎暮らし不動産の購入に付いてのポイントは、要は、あなたがどんな形の田舎暮らしをしたいのか、まず、それを整理してみることで、すすむべき方向が見えて来るのでしょう。それは、購入した不動産の処分と言う制約が付いて廻ることになるからです。この場合、借家スタイルの田舎暮らしであれば、もし、実際に暮らしてみて、気に入らなければ借家の賃貸契約を解除して、また、元の都会生活に戻れますが、不動産を購入して田舎暮らし生活を始めた場合には、自分は地元の生活に馴染めないからと言って、そう簡単には元に戻れません。

まあ、田舎暮らし不動産を購入することに付いて言えば、不動産仲介業者を介して購入するのなら、そんな心配には及びません。むしろ、地元比較では高い場合もありますから良く吟味することが大切です。また、田舎暮らし物件では、その土地に付いて境界が曖昧であったり、排水がなくて地下浸透式だったり、公簿上、進入道路がなくて他人の所有地を通って出入りする土地などもありますから、単に、見掛け上、土地や建物が安いからと言って飛び付いて、あとで泣きを見るような無様なことは避けましょう。

実際、以前は、田舎の近隣関係、相隣関係で、法律上はその隣地の私道を通行している場合も、利害関係者双方が分った上でお互いが波風立てないでと言う配慮から何も問題がなかったのですが、いざ、そこに他人がIターン、Uターンしてくるとなると、このような土地の境界紛争に発展するケースも無くはありませんので、ただ、総額が安いからと言って、それだけで、田舎暮らし不動産を購入するのは止めましょう。その際、田舎暮らしを始めるために土地を買ってそこに注文で家を建てるのか、それとも土地付きの中古住宅を購入するのか、あるいは田舎暮らしのための借家を借りるのかを決めなければなりません。田舎暮らしを始めたいと考えている人はたくさんおりますが、実際には、そんなことまでも考えた上で田舎物件を探さなくてはいけないでしょう。

田舎暮らしをするには、その田舎暮らしを始めるために土地とか、建物を準備しなければなりません。そんな、購入者に不足の損害や紛争が生じるような恐れのある不動産の売買を仲介する場合には、不動産業者は、宅地建物取引業法によって、売買不動産の物理的性格、法律的性格に関して詳細に調査の上、書面にて、田舎暮らし不動産購入希望者に説明しなくてはならないように義務付けされていますから、事前に、よく疑問点を把握して失敗の無いようにしたいものです。また、田舎物件は都会の不動産物件から比べますと、金額的には安い物件が多いのは当然ですが、だからと言っても、これが地元の単価として安い物件でないことは往々にしてよくあることです。

農業での田舎暮らし
趣味と実益の田舎暮らし
定年後の田舎暮らし
週末だけの田舎暮らし
一人暮らしの田舎暮らし
田舎暮らしへの行動
家や土地を買いたい方
賃貸物件で始める田舎暮し
田舎物件を格安で手に入れる
成約済物件履歴情報
不動産情報の集め方
契約に付いて
田舎暮らしの生活費
田舎で自由を得るための仕事
田舎暮らしのための転職
田舎で不動産業を開業する
田舎でアフィリエイト
田舎の楽しみ方
徳島の温泉
野山であそぶこと
畑仕事をすること
釣りにいくこと
川遊びをすること
趣味サークルに入る
田舎暮らしの問題点
田舎での近隣関係
ランキング

徳島県県知事許可(2)2398号 徳島県徳島市大原町長尾10-37
わかさホーム TEL (IP) 050-8803-2908 携帯 090-2894-2066
お問い合わせ