徳島の田舎暮しロゴ 徳島の田舎暮し風景写真
生きている歓びが溢れる「田舎暮らし」

田舎暮らしの計画 田舎暮しの近隣関係
失敗しない田舎暮らし入門
田舎には田舎のシキタリのようなものがあります。野原の一軒家で田舎暮しを始めようとも、やはり、石器時代ではないのですから、地域の店での買物があります。ない無い尽くめです。周りに気兼ねがないと言うのは魅力ですね。そのことを受け入れないで、便利さや都会の人間関係の希薄さをたもったままの田舎暮しを望むなら、時間の長短はありますが、必ず、その田舎暮しは破綻するでしょう。でも、これが田舎の現実の生活で当り前のことなのです。

地域の共同の土地や用水の保守にも一家に一人は駆り出されるでしょう。私達の病気の大半は、ストレスが原因ですから、そう言うことで言うならば、野原の一軒家での田舎生活は健康的ですね。だから、住人はお互いの家の中のすべてを知っていて当り前なのです。これから田舎へ移住を希望する人は、このことを理解した上で田舎暮しを考えられることをお薦めいたします。でも、現実は厳しい、と言わざるをえません。そして、都会の便利さは一切ありません。

もう、早いところではビアガーデンのオープンですね。田舎暮しの生活で言うと、周囲に何も隣家のない野原の一軒家のようかも知れません。そんなことから、近年は、田舎生活を希望する人が増えているようです。世間的な言葉で言うと、「住むのに気安い!」と言うjことでしょうか。また、野原の一軒家で生活したとしても、地域の目を無視しては絶対に生きては行くことが出来ないのです。日本は四季の移ろいが楽しめて、本当にいいところです。

いつの間にか季節は初夏の様相です。ゆうべもNHKの7時のニュースで明日は暖かくなると言っていましたが、今日は、本当に暑い感じです。病気をすれば病院にも行くでしょう。都会の便利な生活に慣れ親しんだ人が、急に田舎に引っ越して来たとしたら、また、別の苦労が始まることに気が付くようです。なぜなら、このようにして、隣人はお互いに助け合って生きて来た習慣によるのです。都会のマンション生活の閉鎖性に慣れている人は、田舎の隣人が、何の断りもなしに自宅に入り込んで来る事実にビックリします。

農業での田舎暮らし
趣味と実益の田舎暮らし
定年後の田舎暮らし
週末だけの田舎暮らし
一人暮らしの田舎暮らし
田舎暮らしへの行動
田舎不動産購入のポイント
賃貸物件で始める田舎暮し
田舎物件を格安で手に入れる
成約済物件履歴情報
不動産情報の集め方
契約に付いて
田舎暮らしの生活費
田舎で自由を得るための仕事
田舎暮らしのための転職
田舎で不動産業を開業する
田舎でアフィリエイト
田舎の楽しみ方
徳島の温泉
野山であそぶこと
畑仕事をすること
釣りにいくこと
川遊びをすること
趣味サークルに入る
田舎暮らしの問題点
田舎での近隣関係
ランキング

徳島県県知事許可(2)2398号 徳島県徳島市大原町長尾10-37
わかさホーム TEL (IP) 050-8803-2908 携帯 090-2894-2066
お問い合わせ