徳島の田舎暮し 徳島の田舎暮らしの風景
生きている歓びが溢れる「田舎暮らし」
田舎暮らしの計画 農業での田舎暮し
失敗しない田舎暮らし入門
安易に田舎暮しの前提で結婚して地方に行くのはお薦め出来ません。ただ、キッカケが結婚ですから、望む農業はこんなのではなかったと言ってすぐ離婚も出来ませんから、農業を志す人はよくよく考えてから結論を出すべきです。ただ、農業と言っても範囲は多岐に渡りますし、田舎生活をしながら庭の一画で家庭菜園をやりたいのか、またはその延長での農業であればそんなに準備も必要ないでしょう。近年は農業をやりたいと言う人が増えてきました。一番、手っ取り早いのは都会に来ている農家出身の彼氏や彼女を見付けて結婚することです。

農地の売買には農業委員会を通じて県知事の許可が要るからです。今は農業の後継者難で、案外、婿養子にでも入れば無資金でうまく、あこがれの農業が出来るかも知れません。したがって、もし農業を本格的に希望されるなら、地域の農業学校にでも入校して、農業の基本から勉強して行く中から農家住宅として農協に出荷できるだけの本格的な農業のやり方も見付かってくるのかも知れません。じゃぁ、申請してからと言っても何も経験も知識もない人が知らない土地で申請しても、まず受け付けてはくれないでしょう。成功の影に多くの失敗例があることも現実の問題として認識しなければなりません。

取れたものを自給自足の一助にしてノンビリと楽しく自然と触れ合いながら暮らす。農業を事業として始めるには農業としての設備と知識、それに広大な農地が必要になります。何故なら、農業を始めるには当然農地が必要になりますが、農地は売ってくれる人がいても、ハイ買いましたと言う訳には行きません。まず、出発点から違います。せっかく、田舎暮しを安らぎの癒し生活にしようと一大転進をはかったのに、返って田舎の風習になじめずストレスから病気になってしまう場合も見受けられます。

最近はテレビで、こうした出会いの成功例を放送しているのを見ますが、決してうまくいっているばかりではありません。昨日までサラリーマンとして生きてきた人が、今日から農業を始めると言ってもまず無理でしょう。これこそ田舎暮しの醍醐味でしょう。でも、そうではなくてほんとうに大規模に農業を事業としてやりたいと言うことであれば、大きなリスクと費用が掛ることを覚悟しなければなりません。

農業での田舎暮らし
趣味と実益の田舎暮らし
定年後の田舎暮らし
週末だけの田舎暮らし
一人暮らしの田舎暮らし
田舎暮らしへの行動
田舎不動産購入のポイント
賃貸物件で始める田舎暮し
田舎物件を格安で手に入れる
成約済物件履歴情報
不動産情報の集め方
契約に付いて
田舎暮らしの生活費
田舎で自由を得るための仕事
田舎暮らしのための転職
田舎で不動産業を開業する
田舎でアフィリエイト
田舎の楽しみ方
野山であそぶこと
畑仕事をすること
釣りにいくこと
川遊びをすること
趣味サークルに入る
田舎暮らしの問題点
田舎での近隣関係
ランキング

徳島県県知事許可(2)2398号 徳島県徳島市大原町長尾10-37
わかさホーム TEL (IP) 050-8803-2908 携帯 090-2894-2066
お問い合わせ