徳島の田舎暮し 徳島の田舎暮し風景
生きている歓びが溢れる「田舎暮らし」
田舎暮らしの計画 定年後に始める田舎暮し
失敗しない田舎暮らし入門
農業での田舎暮らし
趣味と実益の田舎暮らし
定年後の田舎暮らし
週末だけの田舎暮らし
一人暮らしの田舎暮らし
田舎暮らしへの行動
田舎不動産購入のポイント
賃貸物件で始める田舎暮し
田舎物件を格安で手に入れる
成約済物件履歴情報
不動産情報の集め方
契約に付いて
田舎暮らしの生活費
田舎で自由を得るための仕事
田舎暮らしのための転職
田舎で不動産業を開業する
田舎でアフィリエイト
田舎の楽しみ方
徳島の温泉
野山であそぶこと
畑仕事をする
釣りにいくこと
川遊びをすること
趣味サークルに入る
田舎暮らしの問題
田舎での近隣関係
お役立ちリンク集

どんどん村の人口が減って行く中で、いかに都会からの移住者を受け入れるべきか盛んに議論されているのが実情です。そんな中で他の町からの移住者をよそ者扱いして拒んでいれば、自治体も予算的になりたって行きません。故郷の人達も元地元出身者として、気安く受け入れてくれますが、他方、全然、その村に、町に縁がない人がやって来ると、村八分にして白い目で見ていたこともありました。田舎に来て自給自足もいいでしょう。場所を選定すれば車が必要のない田舎暮しも可能です。だから、知らない人をよそ者と称して拒む閉鎖的な傾向があったのも事実です。

全国的に農山村は過疎化の傾向がありますので、どんどん人口が減っています。たとえば、徳島県に上勝町と言う自治体がありますが、今、全国的にも、国際的にも視察団が絶えません。最近、定年後に田舎暮しを始めようと計画している人達が多くいます。皆様、定年後は田舎で暮らしましょう。田舎は老後をノンビリ暮らす場所と言う常識を覆すほど元気です。だから、若い人の移住のみならず、都会で定年を迎え、そうして田舎移住を希望する人達にも今、大きく門戸が開かれています。

車さえ乗れたら病院とか役場とか生活に必要なところまで20〜30分掛ければ大体間に合います。永年、会社生活していてのストレスを癒したい気持も多分にあるのでしょう。普通の常識なら80歳を超えようとする人、現役を退いた人が、多い人で年収1000万円を超え、一般的な年収は300〜400万もあると言うのは考えられません。最近、よくテレビで放映されているのでご存知の方も多いと思いますが、山にたくさんある自然の葉っぱ、彩り事業も話題になっています。そう言った計画は、たぶんサラリーマン時代に漠然と頭の中に芽生えていたのかも知れません。生まれ故郷に帰れば、子供時代に一緒に遊んだ懐かしい同級生達もいるし、そう言った友人達との再会と交流が老後の生活に充分な癒しと安らぎを与えてくれたものでした。

今後の田舎暮しに大いなる可能性を見せてくれる例だと思います。田舎に住んでも生活のレベルが極端に変わる訳ではありません。また、何かのビジネスを実行するのもいいでしょう。今は、田舎にいても先程の例のように大きな可能性を秘めています。でも、今は違います。都会からの移住者を積極的に受け入れている自治体ほど、都会人のネットを利用した新しいビジネスモデルを受け入れて田舎の文化と融合した新しいビジネスが生み出され、地域の人も参加することで、収入的にも精神的にも生甲斐が増えて、自治体の財政も豊かになったところもあります。

徳島県県知事許可(2)2398号 徳島県徳島市大原町長尾10-37
わかさホーム TEL (IP) 050-8803-2908 携帯 090-2894-2066
お問い合わせ